PR

ニュース 社会

横浜の病院駐車場の組員死亡 死因は出血性ショック

神奈川県警本部
神奈川県警本部

 5日深夜、横浜市港北区の病院駐車場で出血した男性が倒れており、その後、死亡が確認された事件で、神奈川県警暴力団対策課は8日、司法解剖の結果、死因は上半身や足など数カ所を刺されたことによる出血性ショックと発表した。同課は殺人事件とみて捜査を進めている。

 同課によると、男性は指定暴力団住吉会系の日比野翔組員(26)。遺体には刃物のようなもので刺された傷が数カ所あり、一部は肺まで達していた。また、全身に打撲があり、複数人から数十回にわたって殴られたとみられる。

 この事件をめぐっては、現場の状況から、何者かが暴行した別の場所から病院まで運んだものとみられ、県警が死体遺棄の容疑などで捜査を進めていた。

 同県内では5日未明に、平塚市内で住吉会系組員と指定暴力団稲川会系組員によるトラブルが確認されており、群馬県内でも6日、病院前で稲川会系組員が倒れているのが見つかり、死亡が確認されていることから、県警はそれぞれの事件との関連を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ