PR

ニュース 社会

群馬の病院に組員、死亡 横浜の死体遺棄事件と関連か

 6日午前10時20分ごろ、群馬県太田市龍舞町の「武蔵野病院」正面出入口に、「入れ墨をした男が顔面から血を流して倒れている」と病院職員から110番通報があった。群馬県警によると、男性は、指定暴力団稲川会系の石沢徳久組員(46)。同病院で死亡が確認された。

 県警の調べによると、石沢組員の全身には殴打された痕があり、別の場所で暴行を受けた後、放置されたとみて、死体遺棄容疑などで捜査している。

 前日夜には、横浜市内の病院駐車場で指定暴力団住吉会系組員(26)が血だらけの遺体で見つかっていた。また、同県平塚市で5日未明、住吉会系組員と稲川会系組員がトラブルになったとの情報もあり、関連を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ