PR

ニュース 社会

病院駐車場に組員、死亡 傷複数、暴力団トラブルか

駐車場で倒れている男性が発見された高田中央病院=6日未明、横浜市港北区
駐車場で倒れている男性が発見された高田中央病院=6日未明、横浜市港北区
その他の写真を見る(1/2枚)

 5日深夜、横浜市港北区の病院駐車場で出血した男性が倒れており、その後、死亡が確認された事件で、神奈川県警暴力団対策課は6日、男性の身元が指定暴力団住吉会系の日比野翔組員(26)だったと発表した。県内では5日未明に、平塚市内で住吉会系組員と指定暴力団稲川会系組員によるとみられるトラブルが確認されており、県警が関連を調べている。

 日比野組員は5日午後11時25分ごろ、同区高田西の「高田中央病院」駐車場で倒れているところを病院職員に発見され、その後、別の病院で死亡が確認された。同課によると、全身に打撲などの傷があり、刃物で切られたような傷も数カ所あったという。現場の状況から、何者かが暴行した別の場所から病院まで運んだものとみられ、県警が死体遺棄容疑などで捜査を進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ