PR

ニュース 社会

35歳失踪女性の遺体発見、死体遺棄容疑で29歳男逮捕へ 警視庁

東京都豊島区の女性の遺体が遺棄されたとみられる栃木県那須町の山中で、捜索の準備をする警視庁の捜査員ら=5日午後10時7分
東京都豊島区の女性の遺体が遺棄されたとみられる栃木県那須町の山中で、捜索の準備をする警視庁の捜査員ら=5日午後10時7分

 東京都豊島区南長崎に住む契約社員、富塚沙織さん(35)が今年9月から行方不明になり、警視庁捜査1課が5日、近くに住む男(29)に事情を聴いたところ「(富塚さんの)遺体を栃木県那須町の別荘地に埋めた」と話したことが、捜査関係者への取材で分かった。捜査1課が男を立ち会わせ、同町にある男の親族名義の別荘地を捜索し、説明通りの場所から遺体の一部を見つけた。捜査1課は目白署に捜査本部を設置し、死体遺棄容疑で男を逮捕する方針。

 捜査関係者によると、富塚さんは、都内の大手銀行系消費者金融に勤務。9月下旬に職場を無断欠勤したまま連絡が取れなくなったという。その後、同僚や富塚さんの父親から「行方が分からない」と警視庁に相談があった。

 同僚が富塚さんの1人暮らしのアパートの部屋を訪れた際には、玄関の鍵が開いた状態だったという。また、富塚さんの携帯電話が豊島区内の路上に落ちていたことが判明。行方不明となった後、銀行口座の引き出しやクレジットカードが使われた形跡がないことも確認された。

 富塚さんが自らいなくなる理由もなく、警視庁は事件に巻き込まれた可能性が高いとみて捜査を開始。失踪前日、自宅近くの防犯カメラに男とみられる人物が富塚さんの後を歩く姿が写っており、富塚さんと接触した疑いも浮上した。男が乗用車で栃木県内方面に移動していたことも分かったという。男と富塚さんに面識はなかったとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ