PR

ニュース 社会

北海道で観光バスと車が衝突、10人超重軽傷

 4日午後1時10分ごろ、北海道初山別村明里の国道232号で、乗用車が対向の大型観光バスと衝突したと110番通報があった。道警羽幌署によると、乗用車を運転していた旭川市東光9条、会社員、梅津貴嗣さん(25)が頭を強く打ち重傷。バスの乗客10人以上がすり傷や打撲などの軽傷で、3人が病院に搬送されたが、命に別条はないという。

 同署によると、バスには仙台市や名古屋市など、本州からの観光客38人と乗員2人の計40人が乗っていた。ツアーは今月3日から4泊5日の日程で、4日は札幌市から稚内市に向かっていた。

 現場はバス側から見て上り坂で、見通しの良い直線道路。路面は一部がシャーベット状の雪に覆われていた。バスの前部と乗用車の左側部が衝突しており、同署は乗用車が対向車線にはみ出たとみて調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ