PR

ニュース 社会

宇都宮のサーキット死亡事故 大会主催者を書類送検 栃木県警

栃木県警本部=宇都宮市塙田(根本和哉撮影)
栃木県警本部=宇都宮市塙田(根本和哉撮影)

 宇都宮市高松町のサーキット場「日光サーキット」で平成28年11月、走行中の車から外れた前輪が直撃して女性が死亡した事故で、栃木県警は4日、業務上過失致死容疑で当時開催されていた大会主催者の男性会社役員(47)=東京都練馬区=を書類送検した。

 書類送検容疑は28年11月20日、十分な高さの防護柵や安全な観戦エリアの設置、危険な場所への立ち入り制限などの安全対策を怠った結果、コース脇にいたピアノ講師の鈴木祥子さん=当時(35)、埼玉県本庄市=に外れた前輪が直撃し、鈴木さんを死亡させたとしている。

 当時、現場では車輪を滑らせながら走行する「ドリフト」の技を競う大会が開催されており、事故は練習走行中に発生。鈴木さんは事故車両とは別のチームのスタッフで、審査員のコメントを聞き、無線でドライバーに内容を伝える「スポッター」と呼ばれる役割だった。

 事故をめぐっては今年8月にも、車を運転していた40代の男性と整備担当の50代の男性が、前輪の安全確認を怠ったとして同容疑で書類送検されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ