PR

ニュース 社会

元農水相、大臣室で現金授受か 鶏卵元代表「ポケットマネーから」

吉川貴盛氏(春名中撮影)
吉川貴盛氏(春名中撮影)

 鶏卵生産大手「アキタフーズ」(広島県福山市)のグループ元代表(87)が元農林水産相の吉川貴盛衆院議員(70)=自民、北海道2区=に現金500万円を提供していた疑惑で、当時の吉川氏の大臣室でも授受が行われたとみられることが3日、関係者への取材で分かった。元代表が東京地検特捜部の任意聴取に、「(原資は)ポケットマネーだった」などと説明していることも判明。特捜部が経緯の解明を進めているもようだ。

 関係者によると、元代表は、吉川氏が大臣在任中だった平成30年10月~昨年9月、複数回にわたって面会。現金の授受はこのうち3回あり、大臣室も現場になったという。

 元代表は特捜部のこれまでの任意聴取に対し、計500万円の提供や、違法性の認識があったことを認めている。業界団体の幹部として、家畜のストレスが少ない飼育環境を目指す「アニマルウェルフェア」(AW)をめぐり、国際基準案の緩和などを求めて政界や農水官僚に積極的に働き掛けていたという。

 周囲には今回の現金提供について「業界のためだった」と説明。特捜部は今後、提供の意図や、吉川氏側からの具体的な見返りの有無など実態解明を進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ