PR

ニュース 社会

事件「分からない」と主張 高齢妻殺害で88歳夫

 昨年6月、千葉県八千代市の住宅で認知症の妻=当時(88)=を刺して殺害したとして、殺人罪に問われた夫の奥村修三被告(88)の裁判員裁判初公判が3日、千葉地裁(前田巌裁判長)で開かれ、奥村被告は「その日のことは分かりません」と述べた。弁護側は、鬱病を発症し当時の記憶もないことから、心神喪失状態だった可能性もあると主張した。

 検察側は冒頭陳述で、被告は事件後に自ら警察に通報し、犯行状況を明確に説明していたと指摘。「鬱病の影響は一定程度あるが限定的だ」とした。

 弁護側は、数年前に認知症を発症した妻の介護をしていた被告が、事件直前に持病が悪化し、パニックを起こしたと説明。介護は献身的で殺害の動機は見当たらないとした。

 起訴状によると、昨年6月中旬、自宅で妻あき子さんの胸や腹を包丁で刺すなどして殺害したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ