PR

ニュース 社会

三重の寺から仏像盗む 容疑で男逮捕 

大阪府警本部
大阪府警本部

 三重県内の寺に侵入して仏像や仏具を盗むなどしたとして、大阪府警捜査3課は2日、窃盗容疑などで大阪市西成区太子の無職、横田浩被告(77)=窃盗未遂罪などで起訴=と、盗品等有償譲り受け容疑などで大阪府八尾市東山本新町の古美術商、豊沢羊一朗容疑者(53)をそれぞれ逮捕したと発表した。

 横田容疑者は盗品を豊沢容疑者に売却しており、「(やましい)取引であることはお互い分かっていた」と供述している。

 逮捕容疑は、横田容疑者が10月2~3日、三重県名張市赤目町の丈六寺に侵入して仏像2体と仏具(計450万円相当)を盗み、豊沢容疑者が10月下旬、大阪市西成区の駐車場で盗品であることを知りながら横田容疑者から仏具などを買い取ったとしている。

 同課によると、豊沢容疑者は八尾市内で美術店を経営。同課は豊沢容疑者の倉庫から仏像16体などを押収したが、大半が所有者不明という。情報提供は、同課(06・6943・1234)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ