PR

ニュース 社会

東京・表参道の土地代めぐり2億円超詐取 容疑の「地面師」ら再逮捕

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

 東京・表参道の土地の地主になりすまして不動産会社に架空売買を持ちかけ約2億4千万円を詐取したとして、警視庁捜査2課は詐欺の疑いで職業不詳、三木勝博容疑者(65)=東京都江東区=ら地面師グループの3人を再逮捕した。

 再逮捕容疑は平成28年12月ごろ、80代の女性が所有する渋谷区神宮前の土地約160平方メートルについて都内の不動産会社に売買を持ちかけ、土地代として現金と小切手計約2億4千万円分を詐取したとしている。

 同課は先月、この土地の虚偽の所有権移転登記をしようとしたとして、偽造有印私文書行使などの疑いで3人を逮捕。商談の際に地主になりすましたとみられる別の80代の女も在宅で捜査し、資金の流れなどについても調べを進める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ