PR

ニュース 社会

児童買春の山梨県職員を懲戒免職 80万円の罰金刑

山梨県庁=甲府市丸の内(渡辺浩撮影)
山梨県庁=甲府市丸の内(渡辺浩撮影)

 会員制交流サイト(SNS)で知り合った少女に金を払いわいせつな行為をしたとして山梨県職員が児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで逮捕された事件で、県は27日、リニア未来創造・推進課の関谷秀昭主幹(54)を懲戒免職処分にした。

 関谷主幹は10月13日に長野県警軽井沢署に逮捕され、当時は地域創生・人口対策課総括課長補佐だった。佐久簡裁から罰金80万円の略式命令を受けた。

 長崎幸太郎知事は「職員の服務規律の確保をさらに徹底するとともに、緊張感と責任感を持って職員一丸となって職務に取り組む」とのコメントを発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ