PR

ニュース 社会

「万死に値」と死刑求刑 弁護側は承諾殺人罪主張 座間9人殺害公判

白石隆浩被告(ツイッターから)
白石隆浩被告(ツイッターから)
その他の写真を見る(1/2枚)

 神奈川県座間市のアパートで平成29年、15~26歳の男女9人が殺害された事件で、強盗強制性交殺人などの罪に問われた無職、白石隆浩被告(30)の裁判員裁判の第23回公判が26日、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で開かれ、検察側は「万死に値する行為」として死刑を求刑した。弁護側は改めて承諾殺人罪の成立を主張。白石被告は「何もありません」と発言し、結審した。判決は来月15日に言い渡される。

 公判で最大の争点となった殺害の承諾の有無について、検察側は最終論告で「すべての被害者が必死に抵抗しており、殺害を明確に拒絶していた」と言及。公判を通じて信用性が問われた被告の供述も、生前の被害者とのSNS(会員制交流サイト)でのやりとりや、被害者の血液が付着した段ボール片といった客観証拠と符合するとした。

 また、SNSで自殺願望を表明した女性らを狙い、周到に準備して遺体を処理した犯行態様については、「卑劣かつ冷酷、猟奇的で残虐、被害者の人格や尊厳を全く無視した非人間的犯行」と断じた。

 一方、弁護側は最終弁論で、弁護側が被告の再度の精神鑑定を求めながら実施されなかったと指摘し、被告の刑事責任能力を疑問視。「被告は反省したから事実を話したのではなく、(裁判を)『最速』で終わらせる方向で供述していた」とし、「承諾の有無に関する被告の供述は信用できない」として、死刑は選択できないと結論付けた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ