PR

ニュース 社会

出頭の男逮捕 渋谷の女性傷害致死事件 警視庁

警視庁庁舎=東京都千代田区
警視庁庁舎=東京都千代田区

 東京都渋谷区の路上で住所不定、職業不詳の大林三佐子さん(64)が頭を殴られ死亡した事件で警視庁捜査1課は21日、傷害致死の疑いで現場近くに住む男(46)を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、男は事件現場近くに居住。21日午前3時ごろ、渋谷区笹塚の交番に母親とともに出頭した。「こんなことになるとは思わなかった」などと供述している。現場周辺の防犯カメラの解析で男と似た人物が映っており捜査1課は事件に関与した疑いがあるとみて調べていた。

 事件は16日午前5時5分ごろ、渋谷区幡ケ谷の路上で、通行人から「人が倒れている」と警視庁代々木署に通報があり、署員が倒れている大林さんを発見。頭に殴られたような傷があり搬送先の病院で死亡が確認された。

 付近の防犯カメラには、ベンチに座っていた大林さんに男が近づき、何かを包んだレジ袋のようなもので後頭部を殴りつけ、逃げる姿が記録されていた。司法解剖で、大林さんの死因は外傷性くも膜下出血と判明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ