PR

ニュース 社会

硫黄45キロ貯蔵疑いで逮捕 25歳男、埼玉・三郷市

 埼玉県三郷市の自宅に硫黄約45キロを貯蔵し、危険物の取り扱いに関する基準に反したとして、埼玉と茨城の両県警は20日、三郷市火災予防条例違反の疑いで、同市の無職、岡庭由征容疑者(25)を逮捕した。

 逮捕容疑は19日、構造上、危険物の貯蔵や取り扱いができる基準を満たさない自宅1階の倉庫で、条例の指定数量を超えた量の硫黄を貯蔵していた疑い。埼玉県警によると、容疑を認めている。

 同容疑者が危険な薬品や刃物を所持していると茨城県警から情報提供があり、2日に合同捜査班を設置。19日朝から自宅を家宅捜索していた。硫黄の入手経路や貯蔵していた目的を調べる。

 硫黄は可燃性の個体で、粉じん爆発を起こす可能性があるほか、鉄などと化学反応させると有毒な硫化水素が発生する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ