PR

ニュース 社会

前日変わった様子なく下校、市教委はトラブル有無確認へ

小5男児が飛び降りたとみられる現場の老人ホーム=19日午前、神戸市西区(本社ヘリから、恵守乾撮影)
小5男児が飛び降りたとみられる現場の老人ホーム=19日午前、神戸市西区(本社ヘリから、恵守乾撮影)

 神戸市教育委員会によると、死亡した男児は前日も6時限目まで授業を受け、午後3時前後に教室を後にした。担任の男性教諭への聞き取りでは、特に変わった様子はなかったという。

 男児の通う学校では、10月以降に全児童を対象にいじめのアンケートを実施。男児は自身をめぐるいじめやトラブルについて特に記載せず、他の児童からもいじめがあったとの回答はなかった。担任教諭は普段の様子からも問題はなかったと説明しており、市教委は現時点で「いじめは確認できない」としている。

 市教委は今後、トラブルの有無を改めて確認するため、学校側への聞き取りを行う予定。また、在校児童の心のケアのため、ソーシャルワーカーやスクールカウンセラーの派遣も視野に入れているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ