PR

ニュース 社会

ユーチューバー実家と誤解 悪質嫌がらせ相次ぐ 

神奈川県警
神奈川県警

 ユーチューバーの実家と間違われた無関係の川崎市の住宅に、放火や殺人を予告する嫌がらせが相次いでいることが18日、神奈川県警への取材で分かった。県警は偽計業務妨害などの疑いで捜査している。

 県警によると、住宅に4月以降、注文していないピザの配達や、学校案内のパンフレットがたびたび届いているほか、この住宅で「火が出ている」などの嘘の通報が警察や消防に寄せられた。11月に入り、住宅への放火や住人の殺害を予告するメールが市外の役所に送信され、嫌がらせはエスカレートしている。

 ユーチューバーと住人は無関係だが、何者かがインターネット上に住所を公開したことで、嫌がらせが拡散したとみられる。県警はこの住宅付近に警察官を常駐させ、警戒に当たっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ