PR

ニュース 社会

東京・大手町駅で看板落下 重さ40キロ

落下した広告看板パネルが設置されていた、エスカレーターの天井付近の壁(正面)=17日、東京メトロ千代田線大手町駅(利用客の顔を画像加工しています、同社提供)
落下した広告看板パネルが設置されていた、エスカレーターの天井付近の壁(正面)=17日、東京メトロ千代田線大手町駅(利用客の顔を画像加工しています、同社提供)

 17日午前8時半ごろ、東京メトロ千代田線大手町駅のホームにある半蔵門線への乗り換え用エスカレーターで、天井付近にあった重さ約42・5キロの広告看板パネルが落下したと乗客が駅員に届けた。パネルは床まで滑り落ちていた。通勤客で混雑する時間帯だったが、けが人はなかった。

 東京メトロによると、パネルは縦約120センチ、横約300センチ、厚さ約6センチで、アクリル板を金属製の外枠で囲んだもの。ボルトは使わず、外枠を壁側の金具に引っ掛けて支える構造だった。

 同社は落下の原因を調べ、同じようなパネルについて緊急点検する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ