PR

ニュース 社会

空き巣の余罪200件超か 60歳の男を追送検 神奈川県警

神奈川県警
神奈川県警

 神奈川県茅ケ崎市内の住宅に空き巣に入り、現金を盗んだとして、同県警捜査3課は16日、窃盗などの疑いで、同市緑が浜の無職、角田浩被告(60)=別の窃盗罪などで起訴=を追送検した。容疑を認めている。

 追送検容疑は9月12日午後6時15分ごろから1時間余りにわたり、同市内の無職男性(79)宅に侵入し、1階の和室に置かれていたレターボックスから現金1万円を盗んだとしている。

 同課によると、角田被告は犯行前、玄関のドアに3つ折りにした紙片を差し入れるなどし、一定期間紙片がそのままになっている場合は住人が不在であると判断して犯行に及んでいた。同課は同県内などでほかにも200件余り、同様の犯行を繰り返していたとみて捜査を進める方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ