PR

ニュース 社会

東京の弁護士逮捕 依頼を違法に請け負った疑い

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

 弁護士が資格のない男から仕事の斡旋(あっせん)を受けたとして、警視庁保安課などは弁護士法違反(非弁提携)の疑いで、東京弁護士会所属の弁護士、鈴木格容疑者(74)=東京都文京区春日=を逮捕した。鈴木容疑者は認否を保留している。同課によると逮捕前の任意の事情聴取では「弁護士の仕事がなかった」と話したという。

 逮捕容疑は令和元年6月と9月、新宿区新宿のマンションで、弁護士資格のない男から債権回収などの依頼人2人の紹介を受けたとしている。

 同課によると、鈴木容疑者は昨年1~11月に約30件の仕事を男から引き受けており、300万円以上の報酬を得ていたとみられる。

 東京弁護士会の冨田秀実会長は「逮捕容疑が事実であるとすれば、弁護士に対する信頼を著しく損なう重大な事態だ。会として事実確認のうえ、適正に対処する」とのコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ