PR

ニュース 社会

“神出鬼没”の速度違反検挙 埼玉県警、「可搬式オービス」台数増へ

埼玉県警が速度違反取り締まりに活用している可搬式オービス=10日午前、さいたま市南区(内田優作撮影)
埼玉県警が速度違反取り締まりに活用している可搬式オービス=10日午前、さいたま市南区(内田優作撮影)

 埼玉県警が、速度違反の取り締まりにあたり、小型で持ち運びができる「可搬式オービス」の活用に力を入れている。年度内に現行の2台から6台に増やし、設置場所の制約を受けにくい特徴を生かして“神出鬼没”の取り締まりを図る。

 可搬式オービスは、サッカーボール程度の大きさの機器を三脚の上に載せて道路脇などに置き、そばを通る車両の速度を測定する。法定速度を超過していた場合は車のナンバーが自動的に撮影され、警察は後日、記録を基に違反者へ出頭通知を送付する。

 大きな利点は、交通量の多い時間帯や場所を選んで機器を持ち運び、臨機応変に運用できることだ。

 県警によると、通常の速度違反取り締まりとは異なり、速度超過を確認した際に車両を止めさせるスペースが必要ないことから、都市部や住宅密集地などでも活用しやすい。必要な捜査員も半分程度の2、3人ですむという。

 埼玉県警は平成28年、岐阜県警と並んで全国で初めて可搬式オービスを導入し、昨年は311件の速度超過を取り締まった。埼玉県警交通指導課の担当者は「増強によって取り締まりを強化し、速度超過の抑止につなげたい」と話している。(内田優作)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ