PR

ニュース 社会

栃木県栃木市の発砲事件 男に懲役14年の判決 宇都宮地裁

 栃木県栃木市の居酒屋で昨年7月、拳銃を発砲して知人の40代男性を殺害しようとしたとして殺人未遂などの罪に問われた当時指定暴力団住吉会系組長の大沢康博被告(58)の裁判員裁判判決公判が10日、宇都宮地裁で開かれ、岡田健彦裁判長は懲役14年(求刑懲役20年)を言い渡した。

 公判では殺意の有無が主な争点となった。岡田裁判長は「胸や腹を撃てば人を死なせる危険性が高いということは、一般人でも容易に理解できる」とし「腹を撃てば死なないと思った」とする弁護側の主張を退け、殺意があったと認定した。

 判決によると大沢被告は昨年7月21日、栃木市内の居酒屋で金を貸していた人物の弟分だった40代の男性とトラブルになり、拳銃を発砲して殺害しようとしたほか、この拳銃と弾丸3発を所持した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ