PR

ニュース 社会

医療法人から約10億円横領か 元理事の女ら3人逮捕 警視庁

警視庁=東京都千代田区霞が関
警視庁=東京都千代田区霞が関

 心臓外科病院を運営する医療法人「冠心会」(東京都品川区、民事再生手続き中)の元理事らが、別の医療法人「一成会」(さいたま市、同)から現金約1億3千万円を着服したとして、警視庁捜査2課は10日、業務上横領の疑いで、冠心会の元理事、遠藤容子容疑者(63)と元経理責任者の勅使河原大吾容疑者(47)、会社役員の西沢昌弘容疑者(53)の計3人を逮捕した。一成会の口座からは約10億円の不正な支出があり、捜査2課は3人の関与を調べる。

 3人の逮捕容疑は平成28年8月ごろ、一成会の口座から、別の法人と西沢容疑者が代表取締役を務める会社の口座に、計約1億3千万円を振り込んだとしている。捜査2課は3人の認否を明らかにしていない。

 関係者によると、遠藤容疑者は、当時、冠心会の常務理事で、夫が理事長を務めていた。診療報酬を受け取る前に、取得する権利を現金化できる「診療報酬ファクタリング」を利用し理事会などの承認を得ずに債権を現金化していたという。

 捜査2課によると、着服金の大部分は資金繰りが悪化していた冠心会の経営立て直しに充てられたが、遠藤容疑者はブランドの宝飾品などの購入にも使ったとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ