PR

ニュース 社会

中小企業から家電など詐取、20年で20億円か 男5人再逮捕

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

 経営実態のない会社を使って業者に家電を大量発注してだまし取ったなどとして、警視庁と大阪府警の合同捜査本部は、詐欺容疑で埼玉県草加市金明町、西島博文被告(58)=詐欺罪で起訴=ら男5人を再逮捕した。5人は別の業者からも家電を詐取したとして逮捕、起訴されていた。

 警視庁捜査2課によると、西島容疑者らのグループは、会社を設立しては業者に取引を持ち掛けて家電を納品させ、代金を支払わずに会社を閉鎖する手口で詐取を繰り返していた。審査態勢が整っていない全国の中小業者を狙い、年3~4回の犯行にとどめ、巨額の取引も避けるなどし、取り込み詐欺の発覚逃れを図っていた。

 西島容疑者はリーダー格で、約20年前から同様の手口で20億円をだまし取っていたという趣旨の供述をしているといい、合同捜査本部は余罪などの調べを進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ