PR

ニュース 社会

「年金止まったら生活できない」母の遺体放置、遺棄容疑で65歳息子逮捕

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

 自宅に母親の遺体を放置したとして、大阪府警東淀川署は9日、死体遺棄の疑いで、大阪市東淀川区井高野の無職、横江保容疑者(65)を逮捕した。「母の年金が止められたら生活できなくなると思った」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は10月初旬、市営住宅に同居する母の二三子さん(87)が死亡しているのを発見したが、遺体を放置し、遺棄したとしている。

 同署によると、横江容疑者は母と2人暮らし。9日、近隣住民から市営住宅の管理者に「最近、二三子さんを見ない」と連絡があり、管理者が安否確認のため119番した。

 同署員らが部屋を確認すると、室内の和室で布団をかけられた状態の二三子さんを発見。目立った外傷はなく、腐敗が進んでいたという。同署は詳しい経緯を調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ