PR

ニュース 社会

茨城・城里町の古物商強殺 2容疑者、被害者と資材売買で面識

茨城県警=水戸市
茨城県警=水戸市

 茨城県城里町下古内で平成28年2月、古物商の工藤武衛さん=当時(77)=が殺害された事件で、笠間署捜査本部は9日、強盗殺人容疑で内田潤容疑者(37)=水戸市=ら2人を逮捕し、記者会見を行った。県警は8日までに延べ約1万2千人の捜査員を投入。原田哲也刑事部長は会見で「多くの捜査官の努力で検挙につながった。事件の裏付けなど引き続き捜査を進めていく」と力を込めた。

 捜査本部によると、内田容疑者は犯行当時、1人で解体業を営んでおり、工藤さんとは資材の売買といった取引を通じた面識があった。県警は、内田容疑者が工藤さん方にあった銅線などの資材を盗んで売却しようとした可能性もあるとみて、動機の解明を進める。

 県警は今年10月、内田容疑者ら2人が工藤さん殺害の数時間前に水戸市内の建設会社からコンテナ1台(約6万円相当)を盗んだとして窃盗容疑で逮捕。盗んだコンテナが工藤さん殺害後の敷地内に残されていたことから、捜査本部は慎重に裏付けを進めていた。(永井大輔)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ