PR

ニュース 社会

消毒液「空」と偽り転売 アルバイト女性を書類送検 愛知

 新型コロナウイルスの感染拡大で品薄となった消毒液を高値で転売したとして、愛知県警は9日、国民生活安定緊急措置法違反の疑いで、同県西尾市の自称アルバイト女性(44)を書類送検した。県警によると、中身が入っているのに「空の消毒液」と偽って販売。調べに「空容器と書いておけば販売が規制されないのではないかと思った」と容疑を認めている。

 7月中旬~8月末に少なくとも40本前後を販売。計約6万円の売り上げがあったとみられる。

 書類送検容疑は同県蒲郡市のドラッグストアで、2671円で購入した消毒液3本(1本300ミリリットル入り)をフリーマーケットサイトに出品し、7月24日に名古屋市の男性に4800円で販売したとしている。

 サイトの閲覧者から県警に通報があり、発覚した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ