PR

ニュース 社会

ごみ収集車から胎児の遺体 岩手・奥州

 6日午前9時5分ごろ、岩手県奥州市水沢中上野町のごみ集積所で、作業員がごみ収集車の投入口に胎児とみられる遺体があるのを見つけた。県警は産み捨てられた可能性もあるとみて捜査する。

 県警によると、性別不明で身長約15センチ、体重は60グラム程度。へその緒のようなものが付いていた。作業員が午前8時半ごろから奥州市内の十数カ所でごみを回収しており、その中に含まれていたとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ