PR

ニュース 社会

文在寅政権に捜査現場が「ノー」…韓国法相に検事300人超が反旗

文在寅大統領(聯合=共同)
文在寅大統領(聯合=共同)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の秋美愛(チュ・ミエ)法相と尹錫悦(ユン・ソンヨル)検事総長率いる検察との対立が激しさを増している。秋氏による尹氏排除の強権発動を実名で批判した一人の検事を、秋氏が攻撃したことで、現役検事300人以上が次々とこの検事への支持を表明。沈黙を守ってきた現場が、政府の思惑に沿った捜査を無理強いしてきた文在寅(ムン・ジェイン)政権に「ノー」を突き付けた形だ。

実名書き込み、カミングアウト続出

 「検察改革は根本から失敗した」。南部の済州(チェジュ)地検の検事が10月28日、事件捜査の指揮から尹氏を外す秋氏による捜査指揮権の行使や、大統領府の元高官らが絡む事件を捜査してきた検察幹部らを相次ぎ左遷した人事について、検察内部のネットワークに「人事権や指揮権の乱発」だと批判する書き込みを行った。

 チョ・グク前法相がこの検事を批判する記事を交流サイトに掲載すると、秋氏も交流サイトに「上等です。そうやってカミングアウト(告白)してくだされば、答えは(検察)改革しかありません」と投稿した。

 現場の検事らは、実名で改革に抵抗するなら制裁対象になると示唆した圧力と受け止めた。検事らの「自分もカミングアウトする」との投稿が続いた。「独断や抑圧、恐怖は改革ではない」「北朝鮮じゃあるまいし…」と秋氏のやり方に反発する書き込みも目立った。投稿は検事総数の15%に近い300件を超えた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ