PR

ニュース 社会

世界津波の日 和歌山・広川で「津浪祭」、列車避難訓練も

浜口梧陵の指揮で築かれた「広村堤防」に土をまく地元の子供たち=和歌山県広川町
浜口梧陵の指揮で築かれた「広村堤防」に土をまく地元の子供たち=和歌山県広川町
その他の写真を見る(1/2枚)

 国連が定めた「世界津波の日」の5日、江戸時代の安政南海地震(1854年)の際、実業家・浜口梧陵(ごりょう)が稲の束に火をつけて津波の到来を村人たちに知らせ、避難させた「稲むらの火」で知られる和歌山県広川町では、犠牲者を追悼し、災害の教訓を後世に伝える「津浪祭」が行われた。県内各地では、近い将来起こるとされる南海トラフ巨大地震を想定した津波避難訓練なども実施され、県によると、学校や官公庁、自主防災組織などから計約8万9千人が参加した。

 広川町の津浪祭では、浜口梧陵の指揮で築かれた「広村堤防」に地元の小中学生ら約80人が集まり、堤防を補修して津波から身を守る意味合いを込めて土をまくなどした。

 今年は梧陵の生誕200年にあたるため、町では、有識者や地元の教育関係者らで「濱口梧陵生誕200年未来会議」を発足。当初は梧陵の功績などを顕彰するシンポジウムや記念式典なども企画していた。

 しかし、こうした関連イベントは新型コロナウイルスの影響で来年に延期。津浪祭も、参加者にマスク着用を促すなど感染防止対策をして実施された。

 この日朝、町立広小学校の児童や町立耐久中学校の生徒らが広村堤防を訪れ、持ってきた土をまいたり、手で押し付け固めたりして津波から身を守る重要性を再確認した。

 広小6年の大西芽依さん(12)は「梧陵さんに感謝の気持ちを込めて土を盛りました」と話した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ