PR

ニュース 社会

検察側「被害者4人とも抵抗」 座間9人殺害公判、中間論告・弁論

白石隆浩被告(ツイッターから)
白石隆浩被告(ツイッターから)

 神奈川県座間市のアパートで平成29年、15~26歳の男女9人が殺害された事件で、強盗強制性交殺人などの罪に問われた無職、白石隆浩被告(30)の裁判員裁判の第16回公判が5日、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で開かれた。検察側は4~7人目の被害者に関する中間論告で「(犯行時に)4人とも抵抗しており、殺害の承諾はなかった」と指摘。弁護側は被告の供述内容が捜査段階から変遷しており、「承諾の有無に関する被告の供述は信用できない」と反論した。

 4人は、埼玉県所沢市の大学2年の女子学生=当時(19)▽同県春日部市の無職女性=同(26)▽福島市の高校3年の女子生徒=同(17)▽さいたま市の高校2年の女子生徒=同(17)。

 検察側は午前中に行われた中間論告の冒頭で、「殺害の承諾の有無については、具体的な殺害状況が重要な判断要素になる」と説明。4人の被害者は「あくまで『被告と一緒に首つり自殺する』という限度でしか承諾していない」「『決心がついていなければ殺害されることはない』と考えていた」とし、「いきなり首を絞めて殺害されることまでは承諾していなかった」と主張した。

 また、弁護側が強調する4人の自殺願望についても、「被告の家に行くきっかけになったに過ぎない」と述べた上で、「自殺願望があったことと、他人からの殺害を承諾していたかは全くの別問題。強引に結びつけようとする弁護人の主張には論理的飛躍がある」と批判した。

 一方、午後にあった弁護側の中間弁論では、女性の弁護人が証言台の前に進み出て、裁判員らと向き合う形で約1時間15分にわたって手ぶりを交えながら熱弁を振るった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ