PR

ニュース 社会

機械式駐車場の誤操作で妻死なせる 70代の夫を書類送検 警視庁

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

 機械式立体駐車場の操作を誤り、妻を死なせたなどとして、警視庁捜査1課は4日、重過失致死容疑で、東京都世田谷区の会社顧問の夫(71)を書類送検した。夫は「日本酒を飲んで酔っていたため覚えていない」などと供述しているという。

 送検容疑は、5月14日午後9時すぎ、自宅マンションの立体駐車場で、会社員の妻(72)が車庫内にいたにもかかわらず誤って入庫ボタンを操作。車を乗せた台を降下させ、車から降りようとしていた妻の頭を車庫の天井と通路で挟み、死亡させたとしている。

 防犯カメラの画像から、妻が車を駐車場に入れた直後に、先に降車していた夫がボタンを押していることが判明した。捜査1課によると、立体駐車場には車庫内に誰かがいる際に反応するセンサーはなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ