PR

ニュース 社会

台風19号死者118人に 長野市、男女4人認定

 長野市は4日、昨年10月の台風19号で被災後に死亡した男女4人を災害関連死と認定したと発表した。2日付。共同通信の集計で、台風19号による災害関連死を含む死者は計118人となった。

 長野市によると、このうち90代の男女は、社会福祉施設で被災後、介護環境の変化による疲れが影響した。80代の男性は、避難中に薬を服用できなかったことなどが関係した。90代女性について、市は「遺族の意向」として死亡の経緯など詳細を公表していない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ