PR

ニュース 社会

ストーカー治療、昨年は824人で要請最多

総務省が入る合同庁舎2号館=東京都千代田区(斎藤浩一撮影)
総務省が入る合同庁舎2号館=東京都千代田区(斎藤浩一撮影)

 ストーカーに対し、警察が医療機関での治療を働き掛けるケースが近年増加し、昨年は全国824人で過去最多になったことが3日、警察庁への取材で分かった。ストーカー規制法施行から11月で20年。被害防止に加害者対策の重要性が注目され始め、医学的アプローチの有効性が指摘されている。

 警察庁によると、働き掛けた加害者は平成28年度、405人。カウントする期間を変更した30年は750人、昨年は824人まで増えた。30年は全47都道府県警が治療を働き掛けている。

 ただ、受診を拒否した人は昨年に635人と、824人の7割強を占めた。理由は費用面のほか「自分には必要ない」「既に治療している」とする回答があった。受診した124人の内訳は治療中が66人、治療中断が38人、治療完了が20人。一方、124人中再びストーカー行為をしたのは10人だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ