PR

ニュース 社会

公園に女児遺棄 母親を逮捕 東京・港区

警視庁=東京都千代田区霞が関
警視庁=東京都千代田区霞が関

 東京都港区の公園で昨年11月、生後間もない女児の遺体が見つかった事件で、警視庁捜査1課は、死体遺棄容疑で、母親の神戸市西区、アルバイト、北井小由里容疑者(23)を逮捕した。調べに対し、「空港のトイレで産み、公園で埋めた」と容疑を認めている。殺害についても認めており、警視庁は2日、愛宕署に捜査本部を設置。殺人容疑でも調べている。

 逮捕容疑は11月3日夜、東京都港区東新橋の区立イタリア公園で、出産した乳児の遺体を土の中に埋めたとしている。喉にはティッシュペーパーが詰められ、司法解剖の結果、死因は気道をふさがれたことによる急性窒息死だった。

 捜査1課などによると、北井容疑者は当時、兵庫県内の大学4年生で、就職活動中だった。11月3日も飛行機を使って上京。防犯カメラには、北井容疑者が手提げ袋を持って公園を出入りする姿が写っていたという。

 北井容疑者は「口にティッシュを詰めて殺した」とも話しており、捜査1課は、北井容疑者が出産直後に窒息死させたとみて、詳しく調べる。

 事件は遺棄してから5日後の8日、「乳児の遺体のようなものが土の中に埋まっている」と110番通報があり、発覚。顔と右腕が露出した状態で埋められ、露出していた部位は青黒く変色していた。捜査1課は、公園周辺の防犯カメラ画像に写っていた約3万人の通行人らを解析し、北井容疑者を割り出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ