PR

ニュース 社会

容疑者に漫画購入、車売却代行…警部補減給

京都府警本部
京都府警本部

 留置中の容疑者に漫画を購入したり、車の売却手続きを代行したりする便宜供与をしたなどとして、京都府警は29日、捜査3課の40代男性警部補を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とした。

 府警監察官室によると、警部補は平成29年7月~昨年7月、車の売却を希望する留置中の容疑者に代わり、中古車買い取り業者に必要な書類を提出し手続きを代行。別の容疑者には差し入れとして希望した漫画を自費で購入したほか、特定の警察署を留置先に求めた容疑者に対し、希望をかなえるような発言をした。

 いずれも捜査への影響や見返りはなかった。警部補は「希望をかなえてやりたいと思った」などと話し、容疑者にほかの捜査員とは違うと思われたかったという内容の発言をしているという。

 この警部補はほかに、部下3人に対し、漫画を購入させるなど便宜供与に関わらせたり、人格を否定する発言によるパワハラ行為をしたりもしていた。

 姫野敦秀首席監察官は「職員に対する指導を徹底し、信頼回復に努める」とのコメントを出した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ