PR

ニュース 社会

コロナ禍の渋谷ハロウィーンどうなる クラスター懸念、参加自粛要請も

 仮装姿の若者らが街を練り歩くなどする10月のハロウィーンで、例年多くの人出がありトラブルがおきる東京・渋谷では、新型コロナウイルスへの対応を迫られている。JR渋谷駅前など一定のエリアに数万人規模が集まる可能性があり、クラスター(感染者集団)発生などの恐れがあるためだ。ハロウィーン本番となる土曜日の31日を前に、渋谷区は異例の参加自粛を呼び掛け、警視庁も安全確保へ態勢を整える。

■来なくても体感

 「『3密』を避けなければならない。渋谷に来ることは自粛してほしい」。22日に記者会見した渋谷区の長谷部健区長は、硬い表情で呼びかけた。東京都内では、新型コロナの感染者が累計3万人を突破。予断を許さない状況が続く中で、万単位の若者らが押し寄せる可能性があるイベントに警戒感は強い。

 対策は多岐にわたる。昨年まで設置していた仮設トイレや着替えスペースを今年は設けない。渋谷駅前などには既に「HOME HALLOWEEN」や「外出自粛」などと書かれた看板や旗を掲示。コンビニエンスストアなど、周辺の酒類販売店へ販売自粛を呼びかけた。

 目玉は、仮想空間「バーチャル渋谷」だ。日本初の自治体公認の仮想空間で、スマートフォンなどで専用アプリをダウンロードすると、仮想の渋谷の街をアバター(分身)となって歩き回ることができる。

 31日までのハロウィーン期間中はバーチャル渋谷の街並みがデコレーションされ、音楽ライブや、アバターによる仮装コンテストなどが開かれるという。26日にオープニングイベントを行う予定だったが、アクセス集中でサーバーがダウンし延期となるなど、関心は高いようだ。長谷部区長は「実際に来なくても、渋谷を感じていただけるよう工夫した」と強調する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ