PR

ニュース 社会

栃木市の発砲事件、被告が殺意否認 宇都宮地裁で初公判

宇都宮地裁=宇都宮市
宇都宮地裁=宇都宮市

 栃木県栃木市の居酒屋で昨年7月、拳銃を発砲して知人の40代男性を殺害しようとしたとして殺人未遂などの罪に問われている無職、大沢康博被告(58)の裁判員裁判初公判が27日、宇都宮地裁(岡田健彦裁判長)で開かれ、大沢被告は殺意を否認した。大沢被告は当時、指定暴力団住吉会系組長だった。

 検察側は冒頭陳述で、金を貸していた人物の弟分だった男性と返済のやりとりをするうちにトラブルとなり、殺害しようと発砲したと指摘。弁護側は殺意はなかったと主張した。

 起訴状などによると大沢被告は昨年7月21日、栃木市内の居酒屋で男性に拳銃を発砲して殺害しようとしたほか、この拳銃と弾丸3発を所持したとしている。男性は重傷を負った。

 公判では、東京で殺人事件を起こした配下の男をかくまったとする事件も併合審理されている。 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ