PR

ニュース 社会

梅田の転落巻き添えの女子学生 死因は頭部損傷

女性が転落の巻き添えとなった大阪・梅田の商業施設「HEP FIVE(ヘップファイブ)」前の路上=23日午後、大阪市北区(永田直也撮影)
女性が転落の巻き添えとなった大阪・梅田の商業施設「HEP FIVE(ヘップファイブ)」前の路上=23日午後、大阪市北区(永田直也撮影)

 大阪・梅田の商業施設「HEP FIVE(ヘップファイブ)」から大阪府立高の男子生徒(17)が転落死し、兵庫県加古川市の大学2年の女子学生(19)が巻き添えになって死亡した事故で、大阪府警曽根崎署は27日、司法解剖の結果、それぞれの死因が、女子学生は頭を強く打ったことによる損傷、男子生徒は多発外傷だったと明らかにした。

 同署によると、屋上から転落してきた男子生徒が女子学生の頭部付近を直撃。女子学生は意識不明の状態で病院に搬送され、治療を受けていたが24日午後に死亡した。

 同署は男子生徒が屋上から飛び降りた詳しい動機や状況を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ