PR

ニュース 社会

18年前の殺人事件 現場近くから容疑者のDNA型を検出か 東京・杉並

 東京都杉並区下井草のアパートで平成14年11月、中国人留学生の許振勇さん(22)が刺殺された事件で、現場近くに残されていた血痕から、許さんとは別人のDNA型が検出されたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。容疑者のものとみられ、警視庁捜査1課が調べている。

 捜査関係者によると、現場近くの路上からは血痕が数個見つかり、発生直後に採取していた。当時はDNA型を検出できなかったが、技術の進歩で可能となったという。許さんはB型だったが、血痕はA型だった。

 事件は14年11月29日、アパートを訪ねた友人らが血を流して倒れている許さんを発見。許さんは胸など10カ所以上刺されていた。室内に物色されたような形跡はなかったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ