PR

ニュース 社会

従業員用エレベーターで屋上へ?大阪、転落死の高校生

男女が搬送された大阪・梅田の商業施設前=23日午後、大阪市北区
男女が搬送された大阪・梅田の商業施設前=23日午後、大阪市北区

 大阪・梅田で23日夕、商業施設「HEP FIVE(ヘップファイブ)」から転落し、死亡した大阪府内の男子高校生(17)が、施設内の従業員用エレベーターを使って屋上まで上がったとみられることが24日、大阪府警への取材で分かった。府警は高校生が屋上から飛び降りたとみて、詳しい状況を調べている。

 府警などによると、高校生は23日午後5時50分ごろ、大阪市北区角田町のヘップファイブ(10階建て)から転落。下を歩いていた兵庫県加古川市の大学2年の女子学生(19)にぶつかった。2人は病院に搬送されたが、高校生は病院で死亡が確認され、女子学生も意識不明の重体。

 府警が施設の防犯カメラなどを調べたところ、転落の直前に高校生とみられる人物が従業員専用のスペースに立ち入り、エレベーターで10階に上がる様子が確認された。営業フロアは9階までで、10階は関係者以外立ち入り禁止だが、鍵がなくても入ることは可能という。10階から屋上に出るドアは施錠されているが、非常時に備えて壊して開けられるようになっていた。

 屋上には高校生のものとみられるバッグが残されており、学生証が入っていたが遺書などは見つかっていないという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ