PR

ニュース 社会

ベイスターズのチケット転売疑い 男を書類送検

神奈川県警本部
神奈川県警本部

 プロ野球公式戦のチケットを転売したとして、神奈川県警横須賀署は23日、入場券不正転売禁止法違反の疑いで、東京都大田区の会社員の男(36)を書類送検した。容疑を認めている。

 書類送検容疑は8月14日と9月14日にインターネット上で、横浜スタジアムで開催される横浜DeNAベイスターズの公式戦チケット2枚(販売価格計1万2700円)を2万2500円で転売したとしている。

 同署によると、試合が行われた8月16日と9月18日、球場では新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、観客の入場制限が実施されていた。ネット上でのチケット転売を発見した同県横須賀市に住む男性が同署へ相談し、事件が発覚した。

 男は取り調べに「ベイスターズのファンクラブに加入している。小遣いがほしかった」などと供述しており、7月からファンクラブを通じて優先的に入手したチケットを転売し、100万円余りを不正に得ていたとみられている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ