PR

ニュース 社会

遺棄容疑で住人の男逮捕 新潟切断遺体、親族か

警視庁池袋署を出る佐藤和夫容疑者を乗せたとみられる車=22日午後10時26分
警視庁池袋署を出る佐藤和夫容疑者を乗せたとみられる車=22日午後10時26分
その他の写真を見る(1/2枚)

 新潟県柏崎市のアパート一室で切断された遺体が見つかった事件で、新潟県警は22日、死体遺棄容疑でこの部屋の住人だった東京都豊島区上池袋、鉄筋工、佐藤和夫容疑者(48)を逮捕した。捜査関係者によると遺体は男性で、親族とみられる。佐藤容疑者は事件への関与を認める供述をしているという。

 逮捕容疑は平成30年3月12日ごろから今年10月19日までの間に、柏崎市北半田1丁目のアパートの部屋に遺体を隠し、遺棄した疑い。

 22日午前、知人に付き添われて東京都内の警視庁池袋署に出頭し、連絡を受けた県警の捜査員が事情を聴いた。県警は池袋署から車で県内に移送し、本格的に調べる。

 県警によると、遺体は19日、アパート1階の102号室で頭が切断された胴体と右脚が袋にくるまれ、衣装ケースに入った状態で見つかった。その後、部屋の別の場所から、頭や左脚など他の部位も発見されたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ