PR

ニュース 社会

女子高生を買春の疑い 横浜の会社員を逮捕 

神奈川県警
神奈川県警

 カラオケ店で女子高校生にみだらな行為をしたなどとして、神奈川県警泉署は22日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、横浜市西区楠町の会社員、鈴木理弘(まさひろ)容疑者(50)を逮捕した。「ノーコメント」と話している。

 逮捕容疑は昨年12月30日午後1時5分ごろから約2時間にわたり、同市中区のカラオケ店の個室内で、会員制交流サイト(SNS)で知り合った当時高校1年で16歳だった高2の女子生徒(17)=同県横須賀市=に現金を渡し、みだらな行為をしたとしている。

 同署によると、鈴木容疑者は昨年9月21日からこの日までに、女子生徒に1回1万円から1万8千円を渡して計6回、同様の行為をしたとみられている。同署がサイバーパトロールで、女子生徒がSNS上に自身の身に危険が及ぶ恐れのある書き込みをしているのを発見。事情を聴いたところ、鈴木容疑者の犯行が浮上した。同署は余罪についても捜査する方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ