PR

ニュース 社会

オートバイあおり死亡事故起こした疑い 少年2人を逮捕 神奈川県警

神奈川県警
神奈川県警

 普通乗用車で、オートバイの進路を妨害し、少年を死亡させたなどとして、神奈川県警交通捜査課は21日、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの疑いで、横浜市瀬谷区の防水工の少年(16)と相模原市中央区の大工の少年(18)の2人を逮捕したと発表した。防水工の少年は容疑を認め、大工の少年は否認している。

 防水工の少年の逮捕容疑は、2月16日午前3時50分ごろ、同県綾瀬市の市道で、無免許で車を運転し、少年2人が乗るオートバイに、法定速度を大幅に上回る速度で接近して約1キロにわたり進路を妨害。道路標識に衝突、転倒させて運転していた同県座間市居住で当時高校1年の16歳だった男子生徒を死亡させ、後部座席に乗っていた同県海老名市居住の高校2年の男子生徒(17)に軽傷を負わせたうえ、救護措置を取らず逃走したとしている。大工の少年は助手席で防水工の少年と共謀し、危険な妨害行為をしたうえ、同日に自身が無免許運転をしたとしている。

 同課は、事故現場の周辺5キロ圏内の防犯カメラ約100台の映像を回収。分析作業が進められていた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ