PR

ニュース 社会

「創作行為の価値ないがしろ」違法アニメTシャツで講談社

押収されたTシャツなど(山口県警提供)
押収されたTシャツなど(山口県警提供)

 アニメキャラクターを不正に複写したTシャツを転売目的で所持していたとして、山口県警が20日、著作権法違反の疑いで男2人を逮捕した。不正に複写されていたのは、「ガールズ&パンツァー」と「五等分の花嫁」のキャラクター。逮捕を受け、「五等分の花嫁」を発行する講談社(東京)は、「著作権を侵害する行為はきわめて悪質」とコメントした。

 講談社は「著作権を侵害する行為は、違法な電子書籍の海賊版サイト以外にも幅広い分野に及んでいる」と指摘。「著作権者の許諾を得ずにTシャツなどのグッズを製造・販売することも、漫画家らの創作行為の価値をないがしろにした、極めて悪質なもの」と訴えた。

 その上で、著作者や正規品を購入したファンのためにも「今後も刑事告訴、民事提訴などの断固たる姿勢で臨む」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ