PR

ニュース 社会

違法バカラ疑いで店長ら逮捕 コロナ緊急事態中も営業

 東京・新宿の歌舞伎町で違法カジノ店を開き、客にバカラ賭博をさせたとして、警視庁組織犯罪対策4課は16日までに賭博開帳図利容疑などで、店長の斉藤大心容疑者(43)=神奈川県二宮町山西=と店員の男女5人を現行犯逮捕した。

 組対4課によると、今年1月に開店し、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言期間中も週に6日間営業を続けていた。約7千万円を売り上げていたとみられる。

 逮捕容疑は10月14日夜、賭博場を開いて客にバカラをさせ、手数料を徴収したとしている。客の男2人も賭博容疑で現行犯逮捕した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ