PR

ニュース 社会

知人男性を刃物で刺し死なす 土木作業員の男を殺人未遂の疑いで逮捕 千葉市

 知人男性の胸などを刃物で刺したとして、千葉県警千葉東署は15日、殺人未遂の疑いで千葉市若葉区桜木の土木作業員、伊藤正徳容疑者(66)を逮捕した。伊藤容疑者は「口論になって腹が立ってやった」と容疑を認めている。男性は搬送先の病院で死亡が確認されており、同署は殺人容疑も視野に調べを進める。

 逮捕容疑は、14日午後9時から11時50分ごろまでの間、千葉市若葉区桜木の施設内で、同じ自立支援施設に住む原口光好さん(58)の胸などを複数回刺したとしている。

 同署によると、14日午後11時50分ごろ、同施設前の歩道に、原口さんが血まみれで倒れているのを通行人が発見し110番通報。駆け付けた署員が施設に住む人に事情を聴いたところ、不審な動きをしていた伊藤容疑者が浮上した。伊藤容疑者と原口さんは、12日の夜にも口論になり、殴り合いのけんかをして署員が駆けつけていた。事件当時、2人は酒を飲んだ状態だったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ