PR

ニュース 社会

河井克行被告の尋問、22日から実施 東京地裁

(左から)河井克行被告、河井案里被告
(左から)河井克行被告、河井案里被告

 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた参院議員、河井案里被告(47)の公判が15日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれ、検察側が求めていた夫で元法相の衆院議員、克行被告(57)の証人尋問を22日から実施すると決めた。ただ弁護人が決まっておらず、克行被告が尋問でどこまで答えるかは不透明だ。

 22、23両日に検察側、28日に弁護側の尋問が予定されている。検察側は、夫妻が買収に至る経緯などを立証する方針。夫妻の審理は一体で進められていたが、克行被告が弁護人全員を解任したため9月16日に公判が分離され、案里被告の審理が先行して進んでいる。

 この日の公判では、東京地裁と広島地裁を映像と音声でつなぐ「ビデオリンク方式」で安井裕典広島県議(69)の尋問も実施。県議は夫妻から計3回にわたり現金が入っていたとみられる封筒を渡されそうになったが、買収行為にあたると思い拒否したと明かした。

 安井県議によると、案里被告は昨年4月中旬に県議会棟の会議室で、翌5月16日には飲食店内で封筒を差し出したという。克行被告も昨年7月18日にホテル内の会議室で、「案里(被告)が勝ちます」と口にした後、内ポケットから封筒を取り出したとした。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ