PR

ニュース 社会

パティシエ女性殺害事件 死亡の元交際相手を書類送検へ 警視庁

 東京都中野区白鷺のマンションで8月30日、パティシエの野口麻美さん(38)が殺害された事件で、警視庁野方署が殺人などの疑いで、元交際相手の高橋宏征(ひろゆき)容疑者(34)を15日にも容疑者死亡のまま書類送検する方針を固めたことが、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、高橋容疑者は2階の野口さん宅のベランダに脚立で上り無施錠の窓から侵入。刃物で顔や首などを刺して殺害した疑いが持たれている。

 現場に残された包丁からは野口さんの血液を検出。野口さんは計23カ所を刺され、腕には抵抗した際にできる防御創もあった。同署は強い恨みを持った人物の犯行とみて捜査していた。

 高橋容疑者は近くのマンション敷地内で死亡しているのが見つかり、野口さんを殺害直後に飛び降り自殺したとみられる。犯行時間帯とみられる8月30日午前4時ごろには、野口さんのマンションを出る姿が防犯カメラに記録されていた。

 野口さんは渋谷区の洋菓子店で働き、元同僚の高橋容疑者と交際していたが、昨年8月、高橋容疑者が野口さんを殴り、負傷させたなどとして傷害容疑で書類送検され、交際関係も解消していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ