PR

ニュース 社会

過去にも体罰で処分、逮捕の柔道部顧問 兵庫・宝塚市教委が謝罪

記者会見で謝罪する兵庫県宝塚市の森恵実子教育長(左)ら=13日午前、宝塚市役所
記者会見で謝罪する兵庫県宝塚市の森恵実子教育長(左)ら=13日午前、宝塚市役所

 兵庫県宝塚市立長尾中学校で柔道部顧問の教諭が部員の男子生徒2人に体罰を加えてけがをさせ、傷害容疑で逮捕された事件を受け、同市の森恵実子教育長は13日に記者会見し、「被害生徒が体罰で受けた恐怖は筆舌に尽くしがたく胸が押しつぶされそう。信頼を著しく失墜させる行為で深くおわびする」と謝罪した。

 市は、逮捕された上野宝博(たかひろ)容疑者(50)は柔道経験があり、平成23~25年に前任の中学校でも、生徒に対してビンタや頭突きなどの体罰をしたとして懲戒処分を1回、訓告処分を2回受けていたことを明らかにした。

 市などによると、上野容疑者は9月25日、校内の冷凍庫で保管していたアイスクリームを男子生徒2人が無断で食べたと立腹。2人は食べたことを認め謝ったが「今頃言っても許さん」と、他の部員の前で練習と称して体罰を加えた。

 生徒の保護者から「子供の様子がおかしい」と兵庫県警宝塚署に相談があり、事件が発覚。上野容疑者は学校側の聞き取りに「行き過ぎたきつめの指導をした」と話したという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ